無門の縁台日記・PARTU

アクセスカウンタ

zoom RSS 躍動する富士山

<<   作成日時 : 2017/03/11 06:28   >>

ナイス ブログ気持玉 99 / トラックバック 0 / コメント 28

(日々是好日・・・・・・富士山万葉集)
画像


静岡県から富士山歳時記第五巻と

富士山万葉集第十六巻と十七巻が

送られてきましたいずれも今年度

募集した作品の入選作を収録したもの


画像


残念ながら俳句部門の富士山歳時記

には入選できませんでしたが万葉集の

二つの部門には入選して掲載されました

俳句の方は今年度で終了になりました


画像


短歌である富士山万葉集は今後も

続けるとのことで楽しみがまだ残って

います万葉集巻十六は『祭りと富士山』

がテーマでした百首が収録されています


画像


七十番にあるのが私の作品ですこれは

港まつりに合わせて帆船日本丸が入港

した時の感動を詠ったものですあの時は

海王丸も一緒に入港して二つが並んだ


画像


素晴らしさが今でも脳裏に焼き付いている

巻十七の方は『躍動する富士山』がテーマ

富士山はただそこにあるだけでなく人々の

生活と共に動き回る存在でもあることが


画像


たくさんの作品から教えてくれています

私の作品は友人のヨットで清水港から

駿河湾をクルーズした時の感動です

艇の帆の左右に見え隠れする富士山です





『支え合おう・日本』震災からの復興を祈る







「 無門の縁台日記 」はリンクからよろしく





ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 99
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
素敵な句が載りました。
ヨットに乗っていて船酔いなどしてられませんね(笑)。
・・・・「田子の浦に うち出いでてみればしろたへの富士の高嶺に雪は降りつつ」
思い出します。
信徳
2017/03/11 07:10
お早うございます
入選おめでとうございます
将に富士と共にの人生ですね
すーちん
2017/03/11 07:58
こんにちは。
万葉集入選改めておめでとう。陸側から見た富士と海側から見た富士、どちらの富士山も頭に思い描く事ができます。富士山最高!
乙女ヶ丘
2017/03/11 11:17
良いですねえ。僕の知り合いにも富士山の写真をずっと撮り続けている、富士の病??のひとがいますが、富士山万葉集に入選して歌が載ったとはスバラシイです。ハゲみになりますよね。
なおさん
2017/03/11 12:19
最終巻となったハイクの方は残念でしたが、和歌の方は連続入選で良かったですね。今後の励みになります。
長さん
2017/03/11 15:47
信徳さん こんにちは

まさにその歌とほぼ
同じ位置からの
歌になります
無門
2017/03/11 16:05
すーちんさん こんにちは

こちらでは
三六五日富士山と共にあります
無門
2017/03/11 16:06
乙女ヶ丘さん こんにちは

万葉に時代から
富士山と共にあり
未来へとつながっていきますね
無門
2017/03/11 16:09
なおさん こんにちは

富士山は
365日その姿を
変えていきますので
写真家にとっては
毎日が富士山と対話です
無門
2017/03/11 16:10
長さん こんにちは

今までもすべてに収録とは
いきませんが
何とか続けていきたいですね」
無門
2017/03/11 16:12
入選されたことおめでとうございます。掲載されたら喜びもひとしお、励みになりますね。
ひぽたん。
2017/03/11 18:03
こんばんは
短歌 入選 よかったですね。
次への期待が膨らみますね。
期待いたしています。
shuuter
2017/03/11 18:44
目に浮かぶようですねー。
二隻の帆船が揃って入港したら見事だろうなー。
イッシー
2017/03/11 21:06
こんばんは!
短歌の入選おめでとうございます。
「祭りと富士山」「躍動する富士山」両方の句とも光景が目に浮かぶようです。富士山と共に生活できる環境が羨ましいです。
eko
2017/03/11 22:34
入選おめでとうございます。

短歌より俳句のほうが人気あるんじゃ?と思うのですが俳句のほうがおしまいなのですね…なにゆえ?

月奏曲
2017/03/11 22:53
ひぽたん。さん こんにちは

掲載されると嬉しいものです
大好きな富士山ですから
無門
2017/03/11 23:24
shuuterさん こんにちは

次年度の課題は
まだわかりませんが
楽しみですね
無門
2017/03/11 23:25
イッシーさん こんにちは

富士山は海沿いに見えますから
歌もそんな歌になります
無門
2017/03/11 23:26
ekoさん こんにちは

帆船は大きくても
小さくても
富士山によく似合います
無門
2017/03/11 23:27
月奏曲さん こんにちは

俳句は季語という制約が
あるだけに難しいものです
短歌の場合はずいぶんと自由度が
広がりますね
無門
2017/03/11 23:29
おはようございます。
富士山万葉集巻十六と十七の入選おめでとうございます。日本丸入港の時と駿河湾クルーズの感動が伝わってくるようで素晴らしい作品ですね。
ミズバショウ
2017/03/12 04:50
ミズバショウさん こんにちは

駿河湾と帆船と富士山
それだけで
素材としては十分ですね
無門
2017/03/12 06:58
お早うございます!
いずれも感動した体験が歌に詠み込まれていますね。素晴らしいです。
茜雲
2017/03/12 08:19
茜雲さん こんにちは

多くの人が歌う富士山
自分なりの体験から
歌にしたいものですね
無門
2017/03/12 11:58
素晴らしい歌ですね。
富士を歌ったものは古来より数えきれないでしょうが、それだけに富士山を誇りに思う心情が分かります。
いずれも情景が浮かんできました!
トンキチ
2017/03/13 01:52
おはようございます。
二つ入選おめでとうございます。
70番感動が伝わってきますね。
知識のない私ですが、心に残ります。
素敵な感情は良いものですね。
☆おばちゃま
2017/03/13 05:49
トンキチさん こんにちは

富士山は歌いつくせない魅力があり
これからも多くの人に詠われるでしょう
無門
2017/03/13 10:08
☆おばちゃま こんにちは

日本丸海王丸
二つ並ぶと
本当に壮観ですね
無門
2017/03/13 10:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料カウンター
躍動する富士山 無門の縁台日記・PARTU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる