無門の縁台日記・PARTU

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝説の浜辺に

<<   作成日時 : 2017/05/01 07:12   >>

ナイス ブログ気持玉 125 / トラックバック 0 / コメント 24

(日々是好日・・・・・・・浜通りA)
画像


漁師町であった浜通りの外れを

「南の浜」と称して嘗ての堤防は

そこまでだったここに昭和5年に

天皇陛下が御巡幸されたという


画像


その碑の前には青峰山教会がある

仏教の寺院なのに教会という名のある

珍しいところで紀伊の青峰山との繋がりが

あるという話もあるが知る人も少なくなった


画像


青峰山から小川港方面はかつて乙女ヶ丘

海水浴場があって小川国夫の小説にも描かれ

たところであったが新港建設で消滅し堤防が

立ち並んでしまったが海沿いであった堤防も


画像


外側が埋め立てられ水辺から遠くなってしまった

堤防の内側には水産養殖研究所や漁業高等学園

等が立ち並び全国から海の男や海の女を目指す

若者が日々学習しているところでもある


画像


堤防の端まで行くと小川新港になるそこにたたずむ

観世音菩薩像が見つめる先に魚の荷捌き場がある

我々の幼少時はまさにここが海水浴場でもあった所

観音様の台座に記されている文章を読むと室町時代


画像


この付近は陸地で小川城主により寺院があったと

あり大津波によりこの地が水没し海中となったが

旅の僧の進言で前年移転して難を逃れたそうだ現在

高草山の登山口にある林叟院がそれであると記す





『支え合おう・日本』震災からの復興を祈る







「 無門の縁台日記 」はリンクからよろしく





ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 125
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます
幼き日の思い出の場所も
より良い方向にと変えられて
いくんですね
すーちん
2017/05/01 07:38
海水浴場が無くなってしまうのもさびしいですが地域の漁業発展のためなら仕方ないのかもしれませんね。
イッシー
2017/05/01 07:45
無門さんお早うございます。
青峰山から小川新港、乙女ヶ丘海水浴場そして林叟院と子供の頃の思い出が沢山詰まった自慢の我が郷土を無門さんのブログを通じて大勢の人に知って貰えて感激しております。ありがとう。
乙女ヶ丘
2017/05/01 08:27
浜辺が堤防で遮られてしまう、私たちのようにただ見た目だけを思う者には残念ですが、地域の人の安全面から仕方がないことですね。
茜雲
2017/05/01 08:33
すーちんさん こんにちは

時と共に
街も変わっていきますね
今の子供たちにとっても
ここは故郷だものね
無門
2017/05/01 13:08
イッシーさん こんにちは

幼い時の思い出は
いつも夏の日
それは海辺でした
無門
2017/05/01 13:09
乙女ヶ丘さん こんにちは

どんな人でも
故郷は大切な思い出
私たちにとっても
懐かしいですよね
無門
2017/05/01 13:12
茜雲さん こんにちは

自然との闘いより
自然との折り合いを
どうするかを
考えたいものです
無門
2017/05/01 13:13
こんにちは!
子供の頃の思い出は夏休み、毎日川に入って魚を獲ったり泳いだりでした。
海の子は毎日海で遊んだのでしょうね。
信徳
2017/05/01 16:56
お寺なのに教会と称しているのですか。珍しいですね。仏教の「教え」を説く「会堂」というような意味なんでしょうね。
長さん
2017/05/01 16:58
 港の整備などにより、昔の面影が消えてしまうのは残念ですが、津波などの被害に遭わないようにするのも大事なことですから、仕方ないですよね。
なおさん
2017/05/01 18:44
こんばんは。
漁業の高校があるのですね、たくましい海の男海の女目指して、若い力が育ってほしいですね。
ひぽたん。
2017/05/01 19:31
こんばんは。
港が大きくなると想いでの残る海水浴場が失われて行くのがちょっと残念ですね。大津波から難を逃れたお寺の話に驚きました。
ミズバショウ
2017/05/01 19:38
青峰山教会という仏教寺院ですか。面白いですね。
それにしても、伝説の浜辺とはいい響きです。歴史的な浜に天皇陛下まで訪れたとは。そんな場所も経済発展のために姿を変えていったのですね。
そんな歴史がしっかりと刻まれているのですね。
ミクミティ
2017/05/01 21:39
こんばんは
観世音菩薩像 今も海の事故から守ってくださるのでしょうね。
人の及ばないところに手を差しのべて下さるのでしょうね。
shuuter
2017/05/01 22:22
 漁師町だった浜通りが、時代とともに変貌しているんですね。
 室町時代の頃には大津波で水没したり、戦後の経済発展とともに、新港が建設されているんですね。
mori-sanpo
2017/05/01 22:44
信徳さん こんにちは

そうです
まさにその通り
毎日海で遊んでいて
泳ぎは覚えませんでした

無門
2017/05/01 23:50
長さん こんにちは

本山との確執で
教会と名乗ったようです
でも由緒ある寺です
無門
2017/05/01 23:51
なおさん こんにちは

昔の台風は
軽く堤防を越えていました
今の堤防は
それより低い感じだけれど
無門
2017/05/01 23:55
ひぽたん。さん こんにちは

焼津水産高校よりも
本格的な漁業高校です
無門
2017/05/01 23:57
ミズバショウさん こんにちは

焼津の海辺には
たくさんの伝説が残っていて
姿変われど伝説は生き残ります
無門
2017/05/02 00:02
ミクミティさん こんにちは

嘗て東洋一の港
その栄光が
今でも伝説の中に
無門
2017/05/02 00:03
shuuterさん こんにちは

歴史上何度も津波に会って
いるはずだけど
大井川の氾濫の方が
回数が多く
津波の跡が消えてゆく
無門
2017/05/02 00:05
mori-sanpoさん こんにちは

海を埋め立てて
大きな港を作ったけど
産業誘致できなければ
ただの海浜公園です
無門
2017/05/02 00:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料カウンター
伝説の浜辺に 無門の縁台日記・PARTU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる