無門の縁台日記・PARTU

アクセスカウンタ

zoom RSS 山の上に馬の影

<<   作成日時 : 2017/09/08 08:11   >>

ナイス ブログ気持玉 119 / トラックバック 0 / コメント 24

(沖縄旅行記・・・・・・・北部への旅B)
画像


辺戸岬より見えていた大石林山へ向かった

駐車場は綺麗に整備されていたが券売所は

プレハブだったそのすぐ裏が工事中で新しい

観光施設を建設中とのことだった何せ熱い所


画像


券売所の横のプレハブにお客さんを案内

冷房の効いた部屋で案内と注意事項を聞く

此処からシャトルバスに乗り5分で入り口まで

送ってくれるとの事で健脚なら歩いていけるかも


画像


シャトルバスを降りた先に案内所だが先ほど

待っている間に説明聞いたので皆そのまま

歩き出しましたコースは四つに分かれていて

バリアフリーから健脚向きまでそろっていました


画像


我が弟橘媛ははなからバリア―フリーと

決め込んでいましたので私は途中で別れ

メインコースを歩き出すことにしました

此処のコースでは各所に岩に名前が付け


画像


られていてなるほどそう見るとそう見えるね

という感じだここは孫悟空岩と言って皆さん

記念写真スポットでした説明書きによると

各所に霊的な場所があるらしくいわゆる


画像


パワースポットにもなっているらしい私は

あまり感じない方だがとりあえずそんな

所では立ち止まって皆さんと同じように

念じたり触ったりしてみる・・あっ頂上に馬が





『支え合おう・日本』震災からの復興を祈る







「 無門の縁台日記 」はリンクからよろしく




ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 119
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(24件)

内 容 ニックネーム/日時
連れと別れて
我が道をいく
ワタシもそうですわ。
空がきれいですね。
asakun
2017/09/08 09:17
古い石灰岩が隆起した山のようですね。
多分、地元では御嶽として信仰の対照になっているのでしょうね。
長さん
2017/09/08 10:13
 真夏の太陽を直下に受け人の影が短く、また冷房が大変なご馳走な沖縄。
台湾最南端、サンゴ礁石灰岩で出来た奇形地形に似たような景色を見て懐かしく思っています。
信徳
2017/09/08 11:36
asakunさん こんにちは

お互い視点が違うと
それぞれの楽しみに
無門
2017/09/08 11:37
長さん こんにちは

御嶽は信仰のポイント
これだけ大きい山でも
御嶽としての祠もある様です
人があまり住んでいなかった
ようでもあります

無門
2017/09/08 11:39
信徳さん こんにちは

そうですね
沖縄北部には
こういった地形が多く
農業にも適さないようですね
無門
2017/09/08 11:41
沖縄には、日本の古い信仰の姿が
今も残っているようなので、
その痕跡を訪ねるのは魅力的です。
もっとも、孫悟空岩とか、〇〇岩とか
名前を付けられてしまうと、
ちょっと観光色が強すぎるかも…。
yasuhiko
2017/09/08 13:47
こんにちは
沖縄の人々は岩でも木でも自然に在るもの何でも信仰の対象にしていたのですね。全ての物に神が宿るそれだけ自然を大切に思っていたのでしょうね。岩の上の馬気になりますね。
乙女ヶ丘
2017/09/08 15:04
yasuhikoさん こんにちは

そうですね
自然そのものを
楽しんだ方がいいかも
無門
2017/09/08 18:31
乙女ヶ丘さん こんにちは

こんな形の奇岩が
あちこちにありました
そう見えば
そん風に見えるようです
無門
2017/09/08 18:32
こんばんは。
険しい岩肌の間から植物が顔を出している光景はちょっと異様な感じがします。確かに霊場の雰囲気もありますね。
ミズバショウ
2017/09/08 18:59
私も霊感とかは全くないので、パワースポットで何も感じません。良いことなのやら悪いことなのやら、全くわかりません。
降魔成道
2017/09/08 20:24
ホントだw馬っぽいw

過ぎたるは及ばざるがごとしであまり名前つけまくるとありがたみが…

超目ぼしいの数カ所位にまとめとくほうがいいと思うのですが…
月奏曲
2017/09/08 21:47
こんばんは!
険しい岩の間からも緑が顔を出して、良い景観になっていますね。岩の姿は見る人によって様々な物に見えるのが楽しいですね。名前も付けられて、パワースポットにもなっているんですね。
霊感がある無しは人それぞれですね。
山の上の馬の影、そう見えなくもないですね。
eko
2017/09/08 22:05
こんばんは
沖縄でも海ばかりでなく 散策コースも準備されているのですね。
いろいろあるのはいいですね。
shuuter
2017/09/08 22:14
ミズバショウさん こんにちは

ここで育つのは
蘇鉄ぐらいのもの
結構大きなものもありました
無門
2017/09/09 00:13
月奏曲さん こんにちは

そうですね
名前を見せられて
何とかそう見えるように
努力したものも
無門
2017/09/09 00:15
降魔成道さん こんにちは

気候などをやっていれば
多少は霊感にも
敏感になるかもね
無門
2017/09/09 00:17
ekoさん こんにちは

この石林の中で
一番形が
整っていたので
無門
2017/09/09 00:18
shuuterさん こんにちは

石林のあるのは
此処だけのようで
もっと観光客が来れば
いいのにね
無門
2017/09/09 00:20
 高い山や北国の山では雪どけの形が馬に見えるところから駒ヶ岳とついたのはあちこちにありますが、岩の形が馬に見えるというのも面白いですね。
なおさん
2017/09/09 07:00
なおさん こんにちは

奇岩怪石ですので
コースのあちこちで
ふと立ち止まり
楽しんでみました
無門
2017/09/09 07:22
南国で雨も多いでしょうに、余ほど厳しい土壌なのでしょうねー、植物がそれほど生えていない。太古の昔からこの風景なのかなー。
イッシー
2017/09/09 12:15
イッシーさん こんにちは

目立つのは蘇鉄ばかりでした
でもこんなに蘇鉄が多いなんて
無門
2017/09/09 14:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料カウンター
山の上に馬の影 無門の縁台日記・PARTU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる