無門の縁台日記・PARTU

アクセスカウンタ

zoom RSS 潮風最前線に生く

<<   作成日時 : 2018/05/31 06:07   >>

ナイス ブログ気持玉 100 / トラックバック 0 / コメント 26

(日々是好日・・・・・・・弘法麦)
画像


いつも紹介する浜辺は天文館の

ある和田浜海岸ですが植生として

は水天宮がある石津浜の方が豊か

なので行ってみるとハマゴウが砂浜


画像


一面に勢力を伸ばしていた中には

群れから離れて単独に芽を伸ばし

ている者もあるハマゴウの群れの

最も海よりの厳しい環境に勢力を


画像


伸ばしていたのはコウボウムギで

その鋭い棘で海の魔物からハマゴウ

を守っているように見えた若い花芽は

筆先のように針をまっすぐ天に向かって


画像


伸ばしているが古いものは麦色に輝き

太ったためかやや針を横に広げていた

この棘は触るととても痛いので扱い注意

幼少のころから慣れ親しんだ浜辺で勿論



画像


コウボウムギは幼馴染でもあるここまで

実ってくると指で少し触れただけでも簡単

にポロリと種が指に落ちますただ触れ方に

気を付けないと指にチクリと痛みが走るのは


画像


当然です浜辺には浜辺の植物の根性物語

そして堤防の内側にはまた違った植生があり

松林のわきになんと桑の木が数本生け垣の

ように植えられその実は赤く輝いていました





『支え合おう・日本』震災からの復興を祈る







「 無門の縁台日記 」はリンクからよろしく





ブログランキングに参加しています。
ポチッと応援お願いします
にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 100
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(26件)

内 容 ニックネーム/日時
お早うございます
強風にもめげず
砂地にしがみついている
教えられること多いですね^^
すーちん
2018/05/31 07:40
こちらでは観られるのは桑の木だけ、もう画像のように赤い実がびっしりついているでしょうね。子供の頃食べて口の周りを紫にしていたことを思い出します。
茜雲
2018/05/31 08:01
すーちんさん こんにちは

砂の中に根を伸ばして
離れたところに
芽を出していました
無門
2018/05/31 08:15
茜雲さん こんにちは

私は下町育ちで
桑の実を食べた経験が
無くって
よく友人から
その話を聞いて
うらやましかった
無門
2018/05/31 08:17
こんにちは。
コウボウムギ、砂浜で頑張っているんですね。
本物は見た事がないです。
砂浜にも様々な植物が生息しているんですね。
桑の実は幼少の頃食べた事があります
ゴンマック
2018/05/31 09:01
海辺の潮風にも耐える特別な植生かと思いきや桑の木も有るんですね。
学校帰り弁当箱の中に黒く熟れた桑イチゴを摘んで家でおやつ代わりに食べた子供の頃が懐かしいです。
信徳
2018/05/31 09:45
こんにちは
生まれ育った石津浜海岸、ハマゴウもコウボウ麦も幼少より慣れ親しんだ植物ですが今まで名前を知りませんでした。堤防の内側の桑の木は後から植えられたものですね。若かりし頃は都会ばかりに憧れて故郷の良さを見落としていました。(反省)
乙女ヶ丘
2018/05/31 10:03
こんにちは。
コウボウムギの棘に触るとかなり痛そうですね。
桑の実の赤色が目を惹きますね。。。
きょんたん
2018/05/31 14:53
こんにちは!
海辺の植物はこちらでは見られないので興味があります。
ハマゴウの花は以前に見せて頂きましたね。
コウボウムギは棘が痛そうですね。扱い方は流石に良くご存知ですね。
桑の実は幼い頃におやつがわりに食べていたので懐かしいです。
eko
2018/05/31 15:57
植物にとっては潮風ってきついんでしょうね。
そうやって見るといとおしい感じさえします。
イッシー
2018/05/31 17:50
コウボウムギ、名前だけは聞いたことがあります。
カヤツリグサの仲間だそうですが、相当強靱な植物のようですね。
長さん
2018/05/31 18:37
ゴンマックさん こんにちは

桑の実は
幼少時は知りませんでした
話だけは聞いていたんですが
無門
2018/05/31 18:56
信徳さん こんにちは

いい思い出ですね
町場の子は
知りませんでした

無門
2018/05/31 18:57
乙女ヶ丘さん こんにちは

私も焼津で仕事をしたのは
ほんのちょっと
今は故郷をじっくり観察です
無門
2018/05/31 18:59
きょんたんさん こんにちは

コウボウムギの棘は
潮風に鍛えられて
かなり頑丈です
無門
2018/05/31 19:01
ekoさん こんにちは

逆に私は
桑の実を食べたことがない
町に育ったので・・・
無門
2018/05/31 19:02
イッシーさん こんにちは

堤防の内と外では
環境ががらりと変わります
軟弱のものは生きられないようです
無門
2018/05/31 19:03
長さん こんにちは

砂地に生きていますが
引っこ抜こうとしても
抜けません
無門
2018/05/31 19:05
こんにちは。
コウボウムギは初めて拝見しますが麦のようでも環境に対応した形が印象的です。海辺の赤い桑の実にも潮風に負けない力強さを感じます。
ミズバショウ
2018/05/31 19:24
ミズバショウさん こんにちは

海辺ですが
防波堤の内側の桑の実
コウボウムギのところでは
絶対に生きてゆけないでしょうね
無門
2018/05/31 20:21
こんばんは。
植物も、身を守るためでしょうが、
触ると一日しびれている物とかもあるから
気をつけないといないですよね。
TAMO
2018/06/01 00:59
 乾燥と高温と塩分とに耐えられる草木でないと浜辺や磯では生きていけないので大変ですよねえ。

 ハマゴウやコウボウムギは埼玉では馴染みのないものなのですが、観察するのも楽しそうですね。コウボウムギの実は裸足で踏んでしまうとタイヘンそうです。

 クワの実は美味しいですが、食べると口や舌が紫になってしまいますし、服につくと落ちにくいので怒られますねえ。ジャムも手間がかかりますが、美味しいですね。
なおさん
2018/06/01 05:11
TAMOさん こんにちは

そうですね
時々失敗します
まあそれぞれに楽しいですね
無門
2018/06/01 07:17
なおさん こんにちは

彼らは逆に
環境の穏やかなところでは
生きられないのでしょうね
厳しい環境で伸び伸びと・・
無門
2018/06/01 07:20
お早うございます。
桑の実を懐かしい。
子供時に食べた事が有りましたけれども、少し甘酸っぱかったと思います。
ユウキ・コバ
2018/06/03 07:14
ユウキ・コバさん こんにちは

そうですね
多くの人たちが
桑の実の思い出を
持っているようです
無門
2018/06/03 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
無料カウンター
潮風最前線に生く 無門の縁台日記・PARTU/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる